2012年05月27日

【速報】新システム後をシミュレーション!学習会

にっぽん子育て応援団 結成3周年記念企画
『どうする?この国の子育て』

☆NPO・市民活動団体向け特別企画☆
新システム後をシミュレーション!学習会

を開催しました!

子ども・子育て支援NPO、市民活動団体などを対象に開催し、約30名が参加しました
smDSC00042.jpg

【前半】レクチャータイム

税と社会保障の一体改革について
講 師:朝川 知昭さん
(厚生労働省社会保障制度参事官室 企画官)

子ども・子育て新システム法案の概要について
講 師:村木 厚子さん
(内閣府政策統括官(共生社会))

smDSC00049.jpg

【後半】ワークショップ

新システムをシュミレーション!
〜新システムで、子どもの暮らし、子育て支援の現場はどうなるの?〜

ファシリテーター:松田 妙子さん
(NPO法人せたがや子育てネット 代表理事)

↓参加者から出た意見
DSC00050.JPG
DSC00051.JPG
DSC00052.JPG
DSC00053.JPG
DSC00054.JPG
DSC00055.JPG
DSC00056.JPG
DSC00057.JPG
DSC00058.JPG
DSC00059.JPG

修了後、お弁当を食べながら、さらに交流。
手形型メッセージカードに、政治家の皆さんへのアピールメッセージを書いて、応援団の鯉のぼりをつくりました

smDSC00074.jpg

午後の3周年記念フォーラムの様子はこちらでご覧ください↓
http://www.nippon-kosodate.jp/topics/topics.cgi?ID=00150 フォーラムに先立って、子育て支援NPOの有志は、子ども・子育て新システムや社会保障・税一体改革について学習した。

こども政策については、内閣府の政策統括官(共生社会政策担当)の村木厚子さんが説明。子ども・子育て新システムは「すべての子ども」を「社会全体で支援する」という理念で設計されていることなどを説いた。

社会保障・税一体改革については、厚生労働省・社会保障制度参事官室企画官の朝川智昭さんが説明。高齢者への給付が中心であったこれまでの社会保障制度を全世代型へと変換しようとするものであり、その中でも子ども・子育て分野の充実が一番の目玉であることを強調した。

 その後、ワークショップ形式で参加者が子ども・子育て新システムや社会保障制度改革への疑問を書きだし、村木さん、朝川さんが回答した。
posted by Cheergaroo at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 応援団プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56113534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック