2015年01月16日

平成27年度の予算案が発表されました。

平成27年度の予算案が発表されました。
子ども・子育て支援新制度に関わる予算については、消費税率引上げによる増収分から「社会保障の充実」に充てられる1.35兆円程度(国及び地方の合計額)のうち、0.51兆円程度(国0.23兆円程度、地方0.28兆円程度)が充てられることとなりました。
内閣府子ども・子育て支援新制度施行準備室によれば、「この0.51兆円程度は、平成27年度における各市町村の子ども・子育て支援事業計画に基づく量拡充に対応するとともに、昨年5月末にお示しした公定価格の仮単価の前提とした「0.7兆円の範囲で実施する事項」の「質の改善」をすべて実施するための所要額として措置したもの」と、4月からの本格スタートを円滑に進めるために必要な予算を整えることが出来たようです。
この予算には、「幼稚園・保育所・認定こども園に係るもののみならず、利用者支援事業、地域子育て支援拠点事業、放課後児童クラブなどの地域子ども・子育て支援事業、社会的養護に係るものも含まれています」(内閣府子ども・子育て支援新制度施行準備室)。

11月から12月にかけて、「子ども・子育て支援新制度の円滑なスタートに向けた財源確保を求める緊急アピール」では、みなさまからたくさんのご賛同をいただき、ありがとうございました。改めて感謝申し上げます。

詳しくは、リンク先の1/15、1/13発出の資料をご参照ください。
業務連絡 内閣府 子ども・子育て支援新制度:政策統括官(共生社会政策担当)
posted by Cheergaroo at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112225165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック